東京大学 ナノ量子情報エレクトロニクス研究機構 量子イノベーション協創センター

2019年4月号 No.139

┌───\Headline/──────────────────────────
1【機構活動】●5/31~6/1に駒場リサーチキャンパス一般公開が開催されます
2【人事情報】●機構関係の4月1日付人事を紹介します
3【受賞情報】●科学技術分野の文部科学大臣表彰で機構関係者3名が受賞
4【会議紹介】●6月28日に国際光デーシンポが開催されます
5【論文関連】●Nature Publishingのビデオ紹介に機構の3氏が登場
6【メディア情報】●機構関係者に関する掲載記事を紹介します └───────────────────────────────────

☆★☆記事内容★☆★
┌───────────────────────────────────
1 【機構活動】●5/31~6/1に駒場リサーチキャンパス一般公開が開催されます └───────────────────────────────────
★5月31日(金)~6月1日(土)の2日間、駒場リサーチキャンパス一般公開が開催さ れます。機構も例年同様に機構本部があるAs棟1階エレベーターホールで、“ナノ量 子情報エレクトロニクス研究開発と先端融合イノベーションの共創”をテーマに、パ ネルやデモ展示等で公開する予定です。また駒場リサーチキャンパス内の生産技術研 究所、先端科学技術研究センター所属の機構教員もそれぞれ居室を中心に展示する予 定です。全体の催事では、町田友樹教授(生産技術研究所)の講演が5月31日(金) 13:00から13:50まで、An棟2階コンベンションホールで、“複合原子層科学:切る・ はる・ひねるで拓く物性”をテーマに行われます。また、生研の70周年シンポジウム も6月1日(土)13:00~16:00までコンベンションホールで開催されます。皆様のご来 場をお待ちしております。

 ↓↓↓(詳しくは)↓↓↓  http://www.komaba-oh.jp/

┌──────────────────────────────────
2【人事情報】●4月1日付機構関連人事を紹介します └──────────────────────────────────
★平成31年度入りし、4月1日(月)付で機構関係者の人事が発令されましたので、 紹介します。

 ○3月31日(日)付で定年退職した樽茶清悟副機構長の後任として、古澤明教授 (工学系研究科)が4月1日(月)付で副機構長に就任しました。

 ○岩本敏准教授(生産技術研究所)が4月1日(月)付で教授に昇任しました。

 ○權晋寛特任助教(量子ドットラボ)が4月1日付で特任講師に昇任しました。

 ○古澤研究室(工学系研究科)の武田俊太郎助教が4月1日付で特任講師に昇任しま した。

 ○長田有登特任助教(量子ドットラボ)が3月1日付で退職し、4月1日付で大学院総 合文化研究科 先進科学研究機構の特任助教に就任しました。

 ○Natalia Morais特任研究員(量子ドットラボ)が4月1日付で特任助教に就任しま した。

┌──────────────────────────────────
3【受賞情報】●科学技術分野の文部科学大臣表彰で機構関係者3名が受賞 └──────────────────────────────────
★平成31年度科学技術分野の文部科学大臣表彰の表彰式が4月17日(水)に東京・霞 が関の文部科学省・講堂で行われ、機構関係者3名が受賞しました。独創的な研究開 発成果を上げた研究者を表彰する科学技術賞の研究部門で染谷隆夫教授(工学系研究 科)が、高度な研究開発能力を示す研究業績を上げた若手研究者を対象とした若手科 学者賞で太田泰友特任准教授(量子ドットラボ)、マーク・ホームズ・ジェームズ准 教授(生産技術研究所)がそれぞれ受賞しました。3氏それぞれの授賞業績テーマお よび報道もありましたので紹介します。

 ↓↓↓(プレスリリース)↓↓↓
 http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/31/04/1415044.htm
【授賞テーマ】  
 ○科学技術賞(研究部門)=染谷隆夫教授(工学系研究科、理化学研究所染谷薄膜 素子研究室主任研究員、同創発物性科学研究センター創発ソフトシステム研究チー ム・チームリーダー)=「伸縮性エレクトロニクスの先駆的研究」
 ○若手研究者賞=太田泰友特任准教授(量子ドットラボ)=「半導体光ナノ共振器 による量子電気力学とその応用の研究」
 ○若手研究者賞=マーク・ホームズ・ジェームズ准教授(生産技術研究所)=「窒 化ガリウム量子ドット高温動作単一光子源に関する研究」

【報道】
 ◎科学新聞 4月19日付2~3面 平成31年度 科学技術分野の文部科学大臣表彰
                科学技術賞
 ◎科学新聞 4月19日付4面   平成31年度 科学技術分野の文部科学大臣表彰                                         若手科学者賞

┌──────────────────────────────────
4【会議紹介】●6月28日に国際光デーシンポが日本学術会議で開催されます └──────────────────────────────────
★日本学術会議総合工学委員会ICO 分科会主催による「国際光デーシンポジウム 2019」が6月28日(金)13時から東京・乃木坂の日本学術会議・講堂で開催されま す。

 2015年の世界的な国際光年活動は成功裏に終了しましたが、新たにユネスコにより 制定された国際光デーが2018年から始まりました。日本でも2018年に国際光デーを記 念したシンポジウムが開催されましたが、今年も引き続き、光科学技術の歴史と現状 を俯瞰し、同分野の最先端の話題を紹介する記念シンポジウムが開催されます。

 当日は主催者を代表して荒川泰彦ICO分科会委員長が開会あいさつ後、伊賀健一元 東京工業大学学長、五神真東京大学総長ら5氏の講演、国内研究グループからのポス ター講演を予定しております。詳細は後日、日本学術会議ホームページを参照くださ い。

 http://www.scj.go.jp/ja/event/index.html
 https://www.bunkou.or.jp/events/events2/2019/20190628.html

┌──────────────────────────────────
5【論文関連】●Nature Publishingのビデオ紹介に機構の3氏が登場 └──────────────────────────────────
★Nature系のCommunications Physicsに掲載された「Topological photonic crystal nanocavity laser」の主な著者である太田泰友特任准教授(量子ドットラボ)、岩本 敏教授(生産技術研究所)、荒川泰彦特任教授(量子ドットラボ)3氏が同誌に投稿 した考え方や背景について、Nature Publishingが作製した映像としてユーチューブ で紹介されています。

 ◎Meet our Authors from Japan - Communications Physics 4月1日公開
  https://www.youtube.com/watch?v=NmLSBsgGt2s

┌──────────────────────────────────
6【メディア情報】●機構関係者に関する掲載記事を紹介します └──────────────────────────────────
★読売新聞(大阪)のサイエンスBOXに取り上げられた大阪大学とNTTなどの研究チー ムが達成した量子中継の原理実証成果を中心とした「量子インターネット」の紹介記 事中で、中村泰信教授(先端科学技術研究センター)による量子通信の展望と課題に ついての談話が紹介されています。
 ◎読売新聞(大阪)3月29日付20面 サイエンスBOX 量子ネット 次代担う通信
                   大容量・破られない暗号

 +‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

★平本俊郎教授(生産技術研究所)執筆による「トランジスターはどこまで小さくな るのか?」という興味深い記事が物理科学雑誌「パリティ」4月号(4月1日発行)に 掲載されています。かつてはプロセス世代はゲート長を意味していたが、改めてプロ セス世代とゲート長の関係を明確にして、微細化限界とムーアの法則との関係につい て、原点に立って論じています。ゲート長の微細化は限界に近づくが、プロセス世代 の微細化は続き、集積密度増大を占ったムーアの法則は終焉どころか、半導体技術の さらなる進化を予測しています。
 ◎パリティVol.34 No.4 pp.30-36 トランジスターはどこまで小さくなるのか?    http://pub.maruzen.co.jp/book_magazine/magazine/parity-back/parity2019/2019_04/1904_cont.html

 +‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

★QDレーザがレーザー網膜走査技術を活用して眼科分野に進出するとの報道がありま した。超小型レーザープロジェクターにカメラを組み込んだ網膜直接描画型眼鏡型デ バイスを視力補助用医療機器として商品化するほか、同技術を生かして小型検眼機の 開発にも着手するとしています。
 ◎化学工業日報 4月5日付6面 QDレーザ、眼科分野進出
                レーザー網膜走査技術活用
                視力補助デバイスで 小型検眼気も開発へ

 +‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

★QDレーザが4月8日(月)付で36.6億円の第3者割当増資実施について発表し、その 件に関する報道がありました。今回の調達によって、微弱なレーザーを使い、デジタ ル画像を網膜に直接投影する新技術「VISIRIUM@テクノロジー」を活用した世界初の アイウェアの製品開発および医療機器認証取得を行うとしています。

 ↓↓↓(プレスリリース)↓↓↓
 https://www.qdlaser.com/uploads/2019/04/PR_20190408.pdf
 ◎日本経済新聞 4月8日付 QDレーザ、視覚障害者向け眼鏡の開発に36億円調達
  https://www.nikkei.com/article/DGXMZO43496770Y9A400C1XY0000/
 ◎OPTRONICS 4月9日付 QDレーザ,第三者割当増資で36.6億円調達
  http://www.optronics-media.com/news/20190409/56672/%20
 ◎ベンチャーニュース 4月9日付 半導体レーザー等開発のQDレーザ、
       東京センチュリーなどから総額36.6億円の資金調達を実施
  https://venturetimes.jp/venture-news/43186.html
 ◎日経産業新聞 4月17日付20面 眼鏡型装置開発へ36億円調達

 +‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

★新入生向けに高校と東大の授業の違いについて、東大教員に取材した企画記事が東 京大学新聞に掲載されています。その中で今井浩教授(情報理工学系研究科)が、数 学・情報科目について、「講義で身に付けてほしい力として、基礎力と最先端を開拓 する力の2つが大切」などと述べた談話が紹介されています。
 ◎東京大学新聞 4月16日付5面 高校とここが違う 教員が語る東大の授業
                数学・情報 素朴で難解な問題を掘り下げる
                    今井 浩教授(情報理工学系研究科)

 +‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

★理化学研究所創発物性科学研究センターの樽茶清悟量子機能システム研究グルー プ・グループディレクターをはじめとした国際共同研究グループは半導体量子ビット の量子非破壊測定に成功し、その成果が報道されました。量子ビットの低エラー読み 出しと量子誤り訂正の実現に道筋を示した成果です。この研究は樽茶グループディレ クターが東京大学工学系研究科教授として在任中の成果です。成果論文が4月15日付 Nature Nanotechnologyの電子版に掲載されました。

 ↓↓↓(プレスリリース)↓↓↓
 http://www.riken.jp/pr/press/2019/20190416_1/
 ◎EETimes    4月17日付 エラー訂正回路の実装を可能に:
               理研ら、半導体量子ビットの量子非破壊測定に成功
  https://eetimes.jp/ee/articles/1904/17/news031.html
 ◎日本経済新聞 4月22日付11面 理化学研究所
                 量子計算機のエラー抑制技術

*************************************
■【編集後記】急に夏日のような日差しがめぐってきました。【メディア情報】に6 件掲載しました。そのうち平本教授執筆によるパリティ掲載論文は本来、メディア情 報というよりも注目論文といったところかもしれません。かつてトランジスタ性能を 左右するゲート長の縮小を競っていたわけですが、すでにゲート長の縮小が停滞気味 でも、プロセス世代の縮小は今後も続き、ムーアの法則は当分、継続されるという見 立てにホッとするところ大です。かつて日本の半導体産業が世界を席巻していた時期 もあったわけですが、ご承知の通り、現在は風前の灯。一方、半導体製造装置に関し ては、日本勢の力はまだ健闘しているといえます。微細化のカギを握り、製造装置の 雄である露光装置も日本勢が半導体同様、勢いをそがれつつあるところは気になると ころです。なお、私事で恐縮ですが、老いに見合った勤務に猶予いただき、長らく月 刊できましたこのニュースレターも、平成を最後に隔月刊にさせていただきます。引 き続きご愛顧いただけますようお願いいたします。(O)
┌──────────────────────────────────
■発行:東京大学ナノ量子情報エレクトロニクス研究機構
├ http://www.nanoquine.iis.u-tokyo.ac.jp/
├ニュースレター担当係:E-mail: otokozw@iis.u-tokyo.ac.jp └──────────────────────────────────