東京大学 ナノ量子情報エレクトロニクス研究機構 量子イノベーション協創センター

【研究】染谷教授らが高変換効率と長期安定性を持つ超薄型有機太陽電池を開発

染谷隆夫教授(理化学研究所主任研究員)、福田憲二郎理化学研究所専任研究員らの国際共同研究チームが13%と高いエネルギー変換効率と大気中保管3000時間で劣化5%以下の長期保管安定性を両立する超薄型有機太陽電池を開発しました。過去最高値と比べ約1.2倍のエネルギー変換効率と15倍の長期保管安定性を達成しました。ウエアラブルエレクトロニクスやソフトロボット用センサーやアクチュエーターなどの電源などに応用が期待されます。
リンク