東京大学 ナノ量子情報エレクトロニクス研究機構 量子イノベーション協創センター

【研究】染谷教授らが様々な基板上に分子配向膜形成技術を開発

染谷隆夫教授(工学系研究科)、横田知之講師、関谷毅教授(大阪大学)らの研究グループがプラスチックを含む様々な基板上に分子配向膜を形成する手法を開発し、1V以下の低電圧で駆動するなど、有機トランジスタ回路の高性能化につながる技術を開発しました。有機集積回路の実現につながる成果と期待されます。成果論文が12月18日付Nature Nanotechnology電子版で公開されました。
[リンク]
http://www.nature.com/articles/s41565-017-0018-6