東京大学 ナノ量子情報エレクトロニクス研究機構 量子イノベーション協創センター

【受賞】菅原QDレーザ社長ら3氏が2014 Aron Kressel Award受賞

QDレーザの菅原充社長、武政敬三デバイス事業部長および西研一東京大学ナノ量子情報エレクトロニクス研究機構特任研究員の3氏はIEEEのPhotonics Societyの2014 Aren Kressel Awardを受賞しました。“温度高安定な量子ドットレーザの開発と光通信向け量産・商用化への先駆的貢献”が認められたもので、10月13日(月)に米国で開催されるIEEE Photonics Conference(IPC)で表彰されます。
[リンク]
http://photonicssociety.org/award-winners/Aron%20Kressel%20Award
[関連報道]
Semiconductor Today(2014.07.04)
OPTRONICS(2014.7.4)
日刊工業新聞(2014.07.10_6面)