東京大学 ナノ量子情報エレクトロニクス研究機構 量子イノベーション協創センター

【受賞】荒川教授が第14回応用物理学会業績賞(研究業績)を受賞

荒川泰彦教授が3月17日に青山学院大学淵野辺キャンパスで開催された応用物理学会春季講演会で第14回応用物理学会業績賞(研究業績)を受賞しました。授賞理由は「量子ドットレーザの先駆的研究」で、同日、「量子ドット研究の発展−基礎研究からレーザー市場化まで−」と題して受賞記念講演も行われました。
[リンク]
http://www.jsap.or.jp/activities/award/outstanding/prizewinner2013-1.pdf