東京大学 ナノ量子情報エレクトロニクス研究機構 量子イノベーション協創センター

【研究】平川教授らがMEMSによる室温テラヘルツ波検出器を開発

平川一彦教授らはMEMS微小共振器を用いて、室温かつ高速・高感度なテラヘルツ波検出器の開発に成功しました。従来、高感度化のため、冷却が必要だったが、室温でも可能になったため、医薬分野など、新分野での応用が期待されます。Journal of Applied Physics125に掲載されました。
[ リンク ]