東京大学 ナノ量子情報エレクトロニクス研究機構 量子イノベーション協創センター

【研究】古澤教授らが大規模・汎用量子計算を実行できる量子もつれ生成

 古澤明教授(工学系研究科)らの国際共同研究グループは大規模・汎用量子計算を実行できる2次元クラスター状態の生成に初めて成功しました。時間領域多重技術の採用で25,000個の光パルスからなる大規模量子もつれを実現し、5入力・5,000計算ステップの任意の量子計算が実現可能なことがわかりました。この成果論文は米科学誌Science 10月18日付電子版に公開されました。

[ リンク ] https://www.t.u-tokyo.ac.jp/soe/press/setnws_201910181412015784932370.html