株式会社 日立製作所 (web page)

協働研究機関責任者
小島 啓二執行役常務 研究開発グループ長
研究拠点研究者等
鈴木 教洋研究開発グループ 社会イノベーション協創統括本部 本部長
山田 真治研究開発グループ 基礎研究センタ センタ長
松岡 秀行研究開発グループ 基礎研究センタ 主管研究長
高橋 宏昌研究開発グループ 基礎研究センタ 主任研究員
戸丸 辰也研究開発グループ 基礎研究センタ 主任研究員
小田 克矢研究開発グループ 基礎研究センタ 主任研究員
奥村 忠嗣研究開発グループ 基礎研究センタ 研究員
Hitachi Cambridge Lab.
David Williams所長/主管研究員
Aleksey Andreev主任研究員
Thierry Ferrus研究員

本研究拠点における研究内容
  • 量子情報エレクトロニクス研究開発
       特に量子情報素子技術,量子暗号通信技術開発,量子計算基盤技術開発
  • ナノ量子情報エレクトロニクス基盤技術研究開発
       特にナノ技術の確立

    協働研究機関について
     1910年の創業以来、日立製作所は技術で社会に貢献するため、研究開発に注力してきました。具体的な成果として、1942年の日本初の電子顕微鏡、1962年の日本初のMOSトランジスタ、1977年の世界初の光ディスク画像ファイル装置、1986年の世界初の電子線ホログラフィー顕微鏡を用いたアハラノフ・ボーム効果の実証、2001年の世界最小の無線認識ICチップ「ミューチップ」、などがあげられます。こうした研究成果から、重電機事業、家電品事業、原子力事業、半導体事業、コンピュータ事業、通信事業、システムソリューション事業などをつぎつぎに生んできました。
     量子通信の理論的研究においては、量子テレポーテーションや量子デンスコーディングの理論に関する一般化、外部環境影響下でのエンタングルメント等の量子状態の性質の解析、外部環境の影響によるデコヒーレンスを抑える為の制御理論、量子測定の最適化理論の構築等に関する実績を上げてきました。シリコンキュービットの研究においては、GaAs系デバイスに比べて二桁長い約200ナノ秒のコヒーレンス時間を達成しています。